ケイ素とは?珪素の5つの特徴を徹底解説

ケイ素とは何じゃ?そんな疑問にお答えします。珪素には5つの特徴があり、カラダの中でどんな働きをしているのか解説します。またケイ素が不足するとどんな不具合がでるのか?分かりやすく解説します。

ケイ素とは、原子番号14、元素記号Si、英語名シリコンで、地球上では酸素の次に多い物質で土壌の中に含まれている成分です。 人の体の組織を構成する重要な成分でもあり、リンパ腺、皮膚、髪の毛、筋肉、腎臓、肝臓、脳、卵巣、睾丸、骨、歯、血管などに含まれています。

ケイ素は、コラーゲンのミネラルとか美のミネラルも呼ばれるように、体内のコラーゲンがあるところに必ず存在しています。 つまりケイ素とは、人が健康を維持したり、若々しさを保つ上で欠かせないミネラルの1つでコラーゲンを作り出す栄養素でもあります。

そして、ケイ素は、コラーゲンの細胞と細胞を束ねて柔軟性や弾力性を保つ働きをしています。肌のコラーゲンを束ねてハリを持たせたり、血管のコラーゲンを束ねて柔軟性を維持する働きをしています。 また目立たないところでは、骨の中でも活躍しています。

骨はカルシウムによって構成されているのは有名ですが、それだけでは骨密度が高いだけで、ちょっとした衝撃で折れてしまうほど脆いものです。カルシウムの他にコラーゲンが必要と言われ、コラーゲンが多い骨は、 弾力性があり簡単には折れない強い骨になります。骨の中のコラーゲンを束ねているのもケイ素はの働きです。

珪素の5つの特徴とは?

珪素には、即効性、治療効率、経済性、取り扱いが簡単、安全性など5つの特徴がありますので、一つずつ分りやすく解説いたします。

★効果に即効性ある!
珪素の特徴は、効果に即効性がある点です。短期間で症状が改善したという報告が多数あるように利用者の多くの方が即効で効果を実感しています。
★治療効率が高い!
即効性も珪素の特徴ですが、自然治癒力を高める治療法になるので、あらゆる症状に適応しており治療効率が高いのも特徴の一つです。これ意外と凄いことです。
★費用対効果が良い!
薬やサプリメントと違い珪素は、内面から健康体を作るために必要な栄養素なので、一月2,500円程度で健康全般的なサポートができるので費用対効果が素晴らしい。
★取り扱いが簡単!
珪素は効果が高いのに医薬品ではないので、飲んだり、患部に塗るだけなので、注意事項もなく、誰でも簡単に取り扱えるのも特徴の一つです。
★安全性が高い!
珪素は、厚生労働省も安全性を告知していますが、研究データや安全性の基準試験データも豊富で安心して使えるサプリメントです。

ケイ素のカラダの中でどんな働きをするのか?

人間の体の重要な部分には、必ずケイ素が存在しています。ケイ素の主な働きは、60兆個あると言われる細胞の活性化です。つまり細胞が生まれ変わる新陳代謝をサポートしているのです。ケイ素には、特定の効果が無いと言われるのは、各機能を正常に働くように陰で支えているからであって、とても重要な役割を担っています。

またケイ素には8つの作用が確認されています。その作用は、静菌作用、浸透作用、洗浄作用、賦活作用、消炎作用、デトックス作用、脂肪分解作用、抗酸化作用です。

ケイ素を経口摂取すると、素早く吸収され血液によって全身の細胞に届けられます。細胞の新陳代謝に使われる成分にもなりますが、細胞レベルで8つの作用が適切に働きます。 つまりマルチプレイヤーのように、あらゆるミッションをこなしています。そのため特定の作用は無いと言われながらも、必須栄養素と言われています。

ケイ素が不足するとどうなるの?

ケイ素は、土壌の鉱物に含まれる成分です。これを海藻類や根菜類が、食物繊維を構成する成分として根から吸い上げています。ケイ素を多く含む食べ物とは、食物繊維が豊富な食べ物となります。具体的に、どのような食材や食品にケイ素が含まれ、どんな食べ方が効果的か紹介します。

まずケイ素を多く含む食べ物とは、穀類 ・きび ・小麦 ・とうもろこし ・玄米 ・ 野菜類 ・ジャガイモ ・アスパラガス ・赤かぶ 海藻類 ・あお海苔 ・ひじき ・わかめなどです。

これらは、いずれも食物繊維を多く含んでおり、その中にケイ素が入っています。みなさんもご存知のように食物繊維は水に溶けない成分ですから、ほとんど栄養素として吸収されずに排出されてしまいます。 それだけケイ素は吸収率の悪い成分なのです。

ところでケイ素が不足するとどんな不具合が起こるのでしょうか?

先ほどから話しているようにコラーゲンの生成が減ったり、コラーゲンを束ねる力が弱くなります。 お肌のケイ素が不足すれば、ハリや弾力性がなくなりシワ増えたり、カサカサになったりします。 髪の毛のケイ素が不足すれば、髪の毛が細くなりボリュームを失います。もちろん艶もなくなり白髪が増えたり、抜け毛が増えたりします。

同様に骨のケイ素が不足すれば骨粗鬆症になったり、血管のケイ素が不足すれば動脈硬化を悪化させたりします。このようにあらゆる部分に老化現象と同じ症状が現れてしまいます。

ケイ素の不足を解消するのが水溶性ケイ素!

このような珪素不足を解消するために作られたのが水溶性ケイ素です。珪素はどんなに細かく砕いても吸収できない成分ですが、特殊製法でイオン化させた水溶性ケイ素はカダラに吸収できる珪素です。

この水溶性ケイ素が私たちのケイ素不足を改善する救世主となりました。中でも当サイトがお勧めしているのが2倍濃度の超濃縮ケイ素PFです。 珪素不足を解消したいとお考えなら、ぜひ試してみてください。

超濃縮ケイ素PFの画像

詳しくはコチラのバナー

超濃縮ケイ素PFの公式ページはコチラ




ページの先頭へ