超濃縮ケイ素PFの飲み方とユニークな摂取方法

超濃縮ケイ素PFを効率よく摂取するには、飲み物に混ぜて飲む方法だけでなく煮込み料理やお味噌汁に入れて飲む方法があります。ここでは超濃縮ケイ素PFの基本的な飲み方から、ユニークな摂取方法をレポートいたします。

超濃縮ケイ素PFの飲み方の解説画像

基本的な飲み方とは?

超濃縮ケイ素PFの基本的な飲み方は、ミネラルウォーター、お茶、コーヒーなど飲み物に数滴垂らして飲む方法です。 適量は10滴(約0.4ml)~15滴(約0.6ml)です。体格や体調によって摂取量を調整して適量を飲むようにします。1日の目安は、超濃縮ケイ素PF1ml~2mlです。

ミネラルウォーターで薄めて飲む方法

毎日ミネラルウォーターを飲む方は、ミネラルウォーターと超濃縮ケイ素PFをペットボトルに入れ希釈したケイ素水を作っておくと便利です。 分量は500mlのミネラルウォーターに対して超濃縮ケイ素PF0.5ml~1mlです。1日にミネラルウォータをたくさん飲む方は、薄めに作って1日の摂取量が1ml~2mlになるように調整しましょう。

健康目的や美容目的だとついつい濃いめに作ってしまいますが、たくさんケイ素を摂取しても余分なケイ素は尿となって排出されてしまいます。毎日適量を続けて飲んだ方が効果が期待できます。

お酒に入れて飲む方法

ビールや焼酎、ウィスキーなどアルコールを飲む時に数滴の超濃縮ケイ素PFを入れる飲み方も紹介されています。 お酒がまろやかになって美味しい、二日酔いしないなど口コミ情報もありますが、1日のケイ素摂取量が足りているようなら、 無理にお酒に入れる必要はないと思います。

ユニークな摂取方法とは?

料理に入れてケイ素を摂取する

お米を炊く時、カレーやシチューなど煮込み料理を作る時、味噌汁やスープなど料理に超濃縮ケイ素PFを数滴垂らして摂取する方法もあります。

またモズクやガゴメ昆布などに亜麻仁油と黒酢を少し入れて、そこへ超濃縮ケイ素PFを数滴入れるだけで、健康サラダが出来上がります。 最近はやっている作り置きをしておけば、毎朝すこしずつ小鉢に移して食べられるので、ケイ素不足を補うことができます。

このように料理に加えるだけで簡単に珪素不足を補えるので、家族の健康を願う主婦が自然とケイ素を摂取できるように工夫しているそうです。

超濃縮ケイ素PFの画像

詳しくはコチラのバナー

超濃縮ケイ素PFの公式ページはコチラ




ページの先頭へ