超濃縮ケイ素PFの安全性と副作用を徹底レポート!

超濃縮ケイ素PFを使ってみたいけど副作用が心配!安全性は大丈夫という方もいるのではないでしょうか? 超濃縮ケイ素PFの原料の製造元である株式会社APAコーポレーションや日本珪素医科学学会や日本珪素医療研究会では、水溶性ケイ素の 試験が行われています。それらの根拠を元に超濃縮ケイ素PFの安全性や副作用について徹底的にレポートいたします。

副作用が心配な方へ

超濃縮ケイ素PFを使ってみたいけど副作用が心配という方へ!超濃縮ケイ素PFの主成分は、株式会社APAコーポレーションが作っている水溶性珪素濃縮液が原料に使われています。

株式会社APAコーポレーションは数百というメーカーに原料を提供していますが、同時に水溶性珪素の安全性を確認する様々なテストを行っています。その結果、人体に及ぼす副作用は無いと確認されています。 また厚生労働省の食品衛生法によって「珪素は人の健康を損なうおそれのない物質」として告示されています。

成分動体に基づく安全性

日本珪素医科学学会や日本珪素医療研究会でも安全性試験が行われていますが、超濃縮ケイ素PFの主成分の珪素は成分動体がハッキリしている成分として確認されました。

成分動体とは「口から入った成分が、体内で吸収され、排出されるまでの経路と過程」の事です。

有名な健康食品やサプリメントにおいても成分動体がハッキリしてないものが多いのですが、珪素は摂取後およそ120分後に血清中濃度のピークを迎えます。この時に全身の細胞に届けられ吸収されます。

その後、徐々に減少しながら9時間後には尿中から排泄されます。

このように成分動体が明確な超濃縮ケイ素PFは安心して利用できます。逆に成分動体が明確でない成分の場合、その成分がいつまでも体の中に蓄積される状態が続き健康を害したり副作用を起こす原因にもなります。

超濃縮ケイ素PFの画像

詳しくはコチラのバナー

超濃縮ケイ素PFの公式ページはコチラ




ページの先頭へ